タイムレコーダーに興味がある方は必見!タイムレコーダーのメリット・デメリットとは

タイムレコーダーのメリット

タイムレコーダーのメリットの一つに挙げられるのが、誰でも簡単に使用できるという点です。出勤及び退勤の際に紙をタイムレコーダーに差し込むだけで良いので、誰でも簡単に使用できます。そのため、システム面での手続きや手間のかかる承認作業などをする必要がなく、効率の良い勤怠管理が可能となります。またコストが抑えられるのもタイムレコーダーの導入によって得られるメリットです。タイムレコーダー導入の際に必要となるのは、レコーダーと社員分のタイムカードであるため、初期費用はそれほどかかりません。継続的に必要なものは用紙とインクのみなので運用コストも抑えられます。さらにもう一つのメリットが、運用も簡単にできるという点です。タイムレコーダーは集計作業も容易にできるため、特別なスキルがなくても運用できます。

タイムレコーダーのデメリット

タイムレコーダーのデメリットとして挙げられるのが、打刻漏れや不正打刻を防ぐ事が難しいという事です。うっかり打刻を忘れてしまうと、後で手書きで入力する必要があるなど、面倒な作業をする事になります。さらにタイムレコーダーの仕組みを利用して意図的に打刻をせずに不正な申告をする人がいる可能性もあるので注意が必要です。また用紙の回収や保管など作業工程が多い点もタイムレコーダーのデメリットと言えます。タイムレコーダーに使用するタイムカードは紙媒体の用紙であるため、集計時には用紙を回収しなくてはなりません。その後は給与に反映させるために、タイムカードに打刻されている情報をパソコンに入力する必要があります。そのため社員数が多いほど、業務の手間がかかりやすいと言えるでしょう。

タイムレコーダーは時間を記録する機械であり、勤怠管理をするために企業などで使われています。以前は紙に時刻を印刷し管理をしていましたが、現在ではICカードをかざすだけで管理が可能です。

Popular Posts

Follow US