運転手の派遣が増えている理由とそのメリット

深刻な人手不足に悩まされる運送会社

人や荷物等、様々なものを運ぶ運送業界において、タクシーやトラックといった車両を運転する運転手は、欠かせない職種となっています。しかし、運転手の場合、1日10時間以上に及ぶ労働時間の長さや、期間によって残業が発生しやすい等、厳しい労働環境となっているのも事実です。そのため、運送会社が求人を出したとしても、理想的な人材がなかなか集まらず、正社員の数も少ないという問題点が浮上しています。

コストカットと人手不足解消のための派遣

他方で、優秀な人材を面接等で採用したとしても、運送会社で運転手として働くための研修が必要で、さらに、過酷な労働環境に対する多額の給与支給といった、多くの課題が存在します。もし、せっかく採用した人間が、家庭の事情等により、短期間で辞めるような自体に陥ってしまった場合、採用した人間に対するコストが無駄になってしまうのです。そのため、慢性的な人材不足解消と人材関係のコストを節約する手段として、派遣という労働形態を採用する運送会社が増えています。

運転手を派遣で採用するメリット

運送会社の業務は、ゴールデンウィークやお盆、年末年始といった繁盛期に仕事が集中する傾向にあります。この時期に差し掛かると、正社員だけでは仕事量をカバーできない可能性が高いため、特定の時期に限定して働ける運転手を派遣という形で採用して、必要な人材を確保しています。派遣として働く運転手の場合、特定の運送会社と労働契約を結んでいるわけではないため、必要となる人件費関連のコストが少なくなる点が、特徴です。運送業者から見た場合、必要な人材を確保して人手不足を解消し、なおかつ人件費等を抑えられるといった点で、大きなメリットが存在します。

運転手の派遣は、都市部の民間企業を中心に需要が高まっており、運転経験が豊富で違反歴が無い人に期待が集まっています。

Popular Posts

Follow US