見込み客を獲得したい!BtoB展示会での出展ポイント

入りやすい設計や雰囲気にする

BtoB展示会を出展する目的は、営業案件の獲得が主なものです。会期中は多くの来場者とコンタクトできるので、効率的に商談に結び付けることができます。商談に至るパターンには2通りあり、成約型とリード型に分けられます。特に後者は展示会で見込み客を獲得し、後のアプローチによって成約につなげるものです。成約型にしろリード型にしろ、多くの来場者を獲得することが肝心です。それ故、展示会場やブースは、入りやすい設計や雰囲気にするのがポイントとなります。それには人々の目に留まりやすいデザインに加え、開放的な雰囲気を醸し出すことです。また、成約型に力点を置く場合は、商談スペースを充実させるのが選択肢です。

既存顧客との関係も深められる

展示会に出展する効果としては、会社の知名度を向上させることが挙げられます。知名度効果をより高めるには、ブースのブランド戦略を立てる必要があります。その中にはコーポレートカラーの統一をはじめ、商材のイメージカラー戦略などが含まれます。配布物に至るまで一貫したテーマにすれば、来場者の印象に残りやすくなるものです。展示会は新規顧客の獲得だけでなく、既存顧客との関係を深める効果もあります。既存顧客に新商品・サービスを紹介したり、新たな活用法をアドバイスできたりします。それにより、契約の延長や更新、新規顧客の紹介などが期待できます。いずれの出展効果においても、ターゲットの絞りこみとフォローアップが大事なポイントです。

展示会でより多くの来場者に見てもらうには、展示会の施工が重要です。ブースのコンセプトをしっかり立てたうえで、魅力的なデザイン施工を行います。

Popular Posts

Follow US