その社員教育は何のためにするの?目標設定のポイントを理解しよう!

なぜ社員教育では目標設定が重要なのか?

一口に社員教育といっても、その対象や目的そして方法などは、会社によって様々です。例えば同じ組織内での社員教育であっても、参加者が新入社員と管理職とでは、目標設定や教育方法も大きく異るのは明らかでしょう。とはいえ、普段から社員教育を実施している企業の中には、その目標設定でさえ不十分なままで、ただ漠然と進行しているケースも目立ちます。これでは人材育成の効果が弱まるばかりか、企業の貴重なリソースである時間や経費も無駄になってしまいます。社員教育の効果を高めるためにも、まずは正しい目標を設定しなければなりません。その上で、目標へ向けて社員一人ひとりの意識を促すことが大切です。

社員教育の目標設定で注意すべきポイントとは?

社員教育の目標設定が不明確であると、参加者は何のためにそこにいるのか、どんな行動をすればよいのか、具体的にイメージできません。そうなるとモチベーションも落ちて、惰性で参加するようになるでしょう。このような状況を避けるためにも、目標はできるだけ詳しく具体的に設定することが、注意すべきポイント。例えば目標を数値化あるいはビジュアル化すれば、参加者の目的意識やモチベーションも促されるはずです。もう1つ目標設定で注意すべきなのは、そこに参加する社員が必ず達成できる範囲にとどめることです。参加者のキャパシティを超えた目標を設定しても、着実かつ効率的に人材育成ができないばかりか、社員同士でフラストレーションがたまるだけになり、かえって逆効果になりかねません。もし適切な目標設定がわからないのであれば、あらかじめ参加者にたずねて、目標設定の合意を取り付けておくのも悪くはないでしょう。

社員教育には、内定者や新入社員に対して行う新人研修や役職者向けの研修などの様々な種類の教育が存在します。

Popular Posts

Follow US