倉庫経営の方法は二つ!どちらが良いかを考えてみよう!

倉庫で切り分けて品物を預かる

倉庫経営の方法として最も典型的なのは大きな倉庫を用意して、その内部を切り分けて様々な業者から品物を預かる方法です。容量や面積を単位にして費用を決めて契約をするのが基本で、品物を保管する依頼を受ける形になります。大きな倉庫を用意できるときにメリットが大きい経営の方法で、多数の業者との契約をすれば安定した利益を得られる基盤も整えられるでしょう。倉庫の切り分け方や料金体系の決め方にはバラエティーがあるので、利益率の高い経営方法を検討することが重要です。スペースを業者ごとに割り当てることもできますが、適宜整理して詰め込むこともできます。容量超過の場合の対応なども含めて対応を検討する必要がある点にも留意しなければならないでしょう。

倉庫そのものを物件として貸す

倉庫経営の方法として倉庫自体を貸す方法もあります。不動産投資をするときによく選ばれている方法で、賃貸契約によって物件として倉庫を業者に貸すのが特徴です。貸している間は業者が自由に倉庫を使用することができます。経営する側としては管理をする必要がほとんどないので、倉庫経営の業務負担が小さいのが魅力です。また、長期的な契約ができることが多いため、収益も安定しやすいのもメリットでしょう。特に拠点として使ってもらえることになると数年から数十年という単位で利用してもらえます。倉庫自体のメンテナンスは必要になるので注意が必要ですが、簡素な作りにしておけばコストはあまりかかりません。

3PLは、サード・パーティー・ロジスティクスの略で、物流機能を第三の企業に委託する物流業務形態のひとつです。

Popular Posts

Follow US