発送作業をまだ自分でやっているの?発送を外注するときメリットを知ろう!!

売上が伸びてきたなら発送を外注する

ネットショップを運営するときとして、元々実店舗を経営している人がネットで販売するケース、会社員などが副業として行うケースなどがあります。どちらにしてもネットショップを始めた当初はそれほど売上もないので、お店の運営や本業の仕事の片手間に発送作業などができるでしょう。しかしネット販売が実店舗の売上に迫ったり超えるとなると、これまで通り自分で発送するのが難しくなるかもしれません。そこで通販物流代行サービスの利用を検討しましょう。通販物流サービスは無料で利用できるわけではなく一定のコストがかかります。このコストをかけてでも利用した方が売上や利益が上がる見込みがあるときに利用を開始すると良いでしょう。

売上アップが可能で発送コストも下がる

ネットショップを運営するときはどれくらい売れるかが分からないので、注文の受付や応対、さらに発送作業なども自分で行うかもしれません。その後どんどん人気が出て売上が上がるようになると注文の受付が大変になり、発送作業に遅れが出始めるときもあります。通販物流の代行サービスを利用すると、発送作業を素早く行ってくれるので発送の遅れを減らせます。発送が遅いと売上ダウンになりかねませんが、発送を安定させれば売上アップが可能になるでしょう。代行サービスの利用で気になるのがコストで、当初は発送コストが高めになり利益が減るときもあります。たださらに売上が上がると通販物流の代行サービスを利用した方が発送コストが抑えられるようになり、利益もアップしてくるでしょう。

通販物流とはネットや電話、ダイレクトメール等のメディアを通じて商品やサービスを販売する小売業態に伴う物流のことです。

Popular Posts

Follow US