プライバシーを守るには?情報化社会での基本を知ろう!

プライバシーに関わる情報が漏れるリスクがある

情報化社会となってパソコンやスマートフォン、タブレットなどを使ってインターネット通信をすることが多くなりました。ネットショッピングやネット銀行などの様々なサービスを利用する中で、氏名や住所、電話番号やクレジットカード番号などを入力して送信することも多いでしょう。そのような個人情報の入力をしたり、スマートフォンの電話帳に氏名やメールアドレスなどを登録したりしていれば、ネット上のやり取りをしているうちに常にプライバシーに関わる情報が漏れるリスクがあります。漏れてしまった個人情報を悪意のある人が使うと大惨事になりかねません。そのため、特にネットワークを使って情報機器を使うときにはプライバシーの保護を重視する必要があります。

セキュリティー対策を立てよう

情報化社会でプライバシーを守るためには自分で対策を立てなければなりません。最も簡単でありながら効果的なのはセキュリティー対策を立てることです。有用で簡便な方法として挙げられるのがセキュリティーソフトやアプリの導入で、無料で配布されているものもあるので気軽にインストールできます。また、プロキシサーバーを利用するなどの工夫をすることも可能です。さらに、インターネットサイトを使うときにはデータ通信が暗号化されているか、その暗号化の方法が世間的に認められている高いセキュリティーを持っているかも確認するのが効果的な対策となるでしょう。小さな積み重ねをすることでプライバシーを守れるようになります。

普段耳にしないであろう「機密文書」とは、企業に関する重要な秘密を保持する文書のことで、機密のレベルによって種類が異なります。

Popular Posts

Follow US