新人合宿研修のねらい!スタート地点に立つこと!

新人合宿研修では社会人になるための準備をする

新人合宿研修のねらいは、学生から社会人にすることです。そのために必要な準備をすることが求められます。準備として必要になることは、最低限社会人に求められるものを身に付けることです。例えば、マナーや言葉遣いなどがあります。どちらも重要になることですので、配属されたときに恥ずかしくない程度には身に付けておきたいものです。ただ、マナーは完璧にすることは難しいので、新人合宿研修ではある程度のレベルを達成することが大切です。完璧にしようとすれば、時間がいくらあっても足りません。また、言葉遣いに関しては合宿から常に気を付けることで、身に付けられる確率が高くなります。

社会人としての常識を学ぶことも重要

新人合宿研修は社会人としての常識を学ぶ良い機会です。学生の常識を持ったまま社会人になると、周囲とトラブルを起こすことが多いです。例えば、社会人になると遅刻をすることは許されません。取引先が怒り出すことも考えられるからです。遅れないためにはどうすればいいかを常に考えて、10分前には到着しているくらいの常識を持ちましょう。社会人としては当たり前でも、学生からすれば疑問に思うことも少なくないです。そのような常識の差を新人合宿研修で埋めていきます。そうすれば、配属されたときにすんなりと仕事ができるようになります。

技術はあとからでも学べる

新人合宿研修で技術的なことを盛り込む会社もあります。しかし、技術は配属後でも学べます。配属後の方が実践的な場合も少なくないです。そう考えると、新人合宿研修では技術よりも社会人として必要なことを身に付けてもらう方が大事なのです。

新人研修とは企業に新しく入社した人を対象として、仕事に関する基本的な教育を行い、即戦力となる人材を育てるプログラムのことです。

Popular Posts

Follow US