独立したけれども仕事がない!フランチャイズ加盟を検討してみよう

独立したけれども仕事がない時に検討する人が多い

独立して自分の店を持つことを夢見ている人や自営業として働く人が少なくありません。自営業であれば開業届などの手続きで済むため、誰でもすぐに独立することができます。ただ、どうしても最初は顧客が獲得できずにそのまま諦めてしまう人も多くいる厳しい世界です。顧客獲得から資金繰り、経営方法など考えなければならないことが山ほどあり、決して楽な道のりではありません。その場合にフランチャイズ加盟を検討する人が増えています。ベースとなる経営方針や営業マニュアルが出来上がっている状態である点や、もともと知名度のある会社の場合には顧客獲得のリスクも大幅に減らすことができるなど、仕事量を増やしたい人にとっては魅力的なシステムです。

フランチャイズとして始めるための事前準備や手続き

フランチャイズ加盟といっても、誰でもすぐに始められるわけではありません。加盟の応募をしてから実際にオープンするまでに平均で1年近くかかると言われています。このため約1年はほぼフランチャイズのための準備期間となるため、準備に集中したい人はある程度の資金が必要になります。事業内容によって手続きなどの内容は異なりますが、まずはフランチャイズ加盟の応募をし面接をし、契約締結したら店舗を選び、事業内容の研修などを行います。この研修で習得したことを自分の店舗で働いてもらう従業員に研修で伝えていき、開業という流れとなります。自営業として全て自分自身で賄うことも大変ですが、フランチャイズに加盟して開業することも決して楽なことではありません。

メーカーや商事会社などのために、代理として商品の販売等を行い利益を得る仕事。代理店と販売店は細かくは違いますがほとんど同じ意味になります。

Popular Posts

Follow US